島 山 篳 撥

It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

 

お疲れ様です

 

みなさん、タイトルの文字は読めましたか?

私も最初は読めなかったので、全く気にする必要はありません(笑)

 

 

しまやまひはつ

島 山 篳 撥  と読みます

 

 

一体何かと言うと

 

こちら

 

宮古島に住んでいる人は

一度は見たことがあると思います

 

宮古島での呼び方は、山ぶどう

シマヤマヒハツは和名です

 

 

 

こちらの山ぶどうを30個以上収穫し

 

 

 

紫色の実のみを取り除き

皿に分けていきます

 

 

こちらの実を何に使うかというと

 

 

果実酒にしていきます

 

つけている酒はもちろん泡盛

泡盛の種類はなんでもOK!

 

純粋の泡盛に、先ほど取り出した実をどっさり入れ

甘さを出すために氷砂糖も入れます

 

 

蓋をして、あとは1ヶ月、日があたらない場所

キッチン下や、戸棚の中に入れて放置します

 

すると、綺麗な赤紫色の山ぶどう酒の完成です

 

 

泡盛独特の臭みは消え

ワインのような果実の風味で、女性にも呑みやすい果実酒となっています

 

 

また、山ぶどうには

滋養強壮や老化防止の効果もあり

ポルフェノールがたくさん含まれていることから

美容や健康に良いと注目されています

 

 

たくさんはありませんが

一泊目に宿泊する際、山ぶどう酒呑みたいです!

一声かけていただければ

こっそり冷蔵庫に置いときます

 

※純粋なので飲む際は気を付けてください

※未成年の方は飲まないでください

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

It's only fair to share...Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です